KDDI社長iPhone販売に強気--SBMとネットワーク比較で自信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオ(Kスタ)では10月14日、iPhone 4Sの発売記念セレモニーが開催された。KDDIの田中孝司社長によるカウントダウンが行われたほか、通常はau携帯電話の販売はされていない場所だが、前日に整理券を渡した50名限定で店頭販売を実施した。

 朝8時の販売開始を前に、100名を越える報道陣が詰めかける中、整理券を受け取った50名が7時前から集まった。先頭は東京都練馬区にお住まいの専門学校生、新川保成美さん。友達と一緒に朝6時30分にKスタに着いたという新川さんは、現在ソフトバンクのiPhoneを使用中。自宅が圏外のために「電波が良いって聞いた」というauへの乗り換えをするのだという。

  • 販売開始の1時間以上前から報道陣が多数集まった。

  • Kスタでは、iPhone 4Sを受け取った人は報道陣に囲まれていた。

  • 整理券番号1番を持った新川さんも報道陣に囲まれた。

 販売開始前のセレモニーでは田中社長がステージに登壇。「auからやっとiPhoneが出るのが、本当に嬉しく思っている」と率直な気持ちを語った。auは現在、“未来は、選べる。”というメッセージを掲げているが、「auからもiPhoneを出すことによって、お客様には本当にいろいろな端末を選べる環境ができたことは、非常に嬉しく思っている」と述べた。

 また、ネットワーク品質や料金についても触れ、「一番大事なのはネットワーク、津々浦々、山の上まで基地局を建てているので、つながる価値を提供できる」「ダウンロードスピードは、今日以降、使って、体験していただけると思っている」と品質を強調し、「来週くらいには、ネットで速度比較の渦になる」と話し、今後、ソフトバンクと比較されるauのネットワーク品質に自信を見せた。

 ソフトバンクに比べて通信料金が高い点は、「オプション料金を入れるとあまり変わらない」と述べ、「これまでやってきたネットワークの価値を感じていただけるという思い」と、価格差なりのネットワーク品質がある点を訴えた。

 こうした一方で、田中社長は「1984年にMacintoshを買った」とアップルとの繋がりも披露。「デバイスを選ぶだけでなく、ネットワークも選んでいただける」とiPhoneユーザーの選択肢の広がりも強調した。

  • あいさつに立ったKDDI社長の田中孝司氏。

  • ステージには「iPhoneにもっとつながりを」とキャッチフレーズが書かれた。

  • カウントダウンを開始

  • 8時ちょうどに販売がスタートした。

  • 整理券1番の新川さんにiPhone 4Sが手渡された。ステージに立った新川さんは「緊張しますねー、まだみんな持ってないと思うので、チョー嬉しいです」。

  • 2色のiPhone 4Sを手にして満面の笑みの田中社長。

 販売開始の8時直前になると、30秒前からカウントダウンを開始し、8時ちょうどには紙吹雪が舞う演出がなされた。同時にiPhone 4Sの販売も開始されたが、購入には契約などが伴うため、8時すぎから50名の購入希望者に対し、順次契約作業が行われた。

 なお、KDDIデザインングスタジオでは、iPhone 4Sの展示コーナーを今日から開設、自由に試すことができるようになっている。

  • Kスタ2階に特設の契約カウンターが設けられた。

  • 用意されたiPhone 4Sの在庫。色や容量は整理券配布時に希望を聞いていたとのことだ。

  • iPhone 4Sを展示。

  • iPhone 4Sのホワイト。

  • iPhone 4Sのブラック。

  • アンテナマークの横には「KDDI」と表示、もちろん5本立ちだ。

◆iPhone 4S日本での発売日動向
iPhone 4S発売でアップルストア銀座に800人の列--3日並んだ猛者も
iPhone 4S発売で孫社長しんみり「Steveの作品を慈しみましょう」--およそ200人の列
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を再開--システム復旧
ソフトバンク、iPhone 4Sの販売を一時ストップ--登録システムの不具合で
au、iPhone 4S発売によるシステム不具合なし--MNPは「確認中」
auのiPhone初売--KDDIデザイニングスタジオの状況
ソフトバンクiPhone 4S発売--表参道店の状況
iPhone 4S発売--Apple Store銀座の状況
Appleの情報は「アップルセンター」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加