logo

東芝、裸眼3Dテレビに55V型を発売--解像度は4倍に

加納恵 (編集部)2011年10月03日 17時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、4K2K解像度を持った55V型の液晶テレビ「レグザ 55X3」を発表した。メガネなしで3D視聴ができるグラスレス3D再生にも対応する。発売は12月中旬。店頭想定価格は90万円前後になる。

  • 4K2K解像度を持った55V型の液晶テレビ「レグザ 55X3」

 55X3は3840×2160ピクセルの解像度を持つ液晶テレビだ。フルHDの4倍の解像度を実現し、より高精細な映像再現ができるとしている。通常のデジタル放送やBlu-ray Discの映像再生時には、独自の超解像技術「QFHD超解像技術」の搭載により、フルHD解像度の映像を4倍の画素で映し出せるとしている。

 

 本体には地上デジタルチューナ3基、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載。USB HDD録画に対応し、地上デジタル放送2番組を録画しながら、別番組の視聴ができる「地デジみながらW録」が可能だ。USB HDDに録画した番組は同日発表された「レグザタブレット」や別の部屋にあるレグザ、「REGZA Phone」などと組み合わせて、視聴できる「レグザリンク・シェア」機能も備える。

 3D再生は、専用メガネを装着せずに裸眼のまま3D映像を視聴できる「インテグラルイメージング方式グラスレス3D」を採用。独自の映像処理技術により9つの映像をリアルタイムに生成し、4倍画素QFHDパネルからレンチキュラーシートを通して映し出せるとしている。

 通常の2D映像を3Dに変換する3D/2Dスイッチャブル機能を装備。グラスレス3D映像表示のほか、4倍画素の2D映像表示との切り替えも可能だ。

   
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集