ITプロフェッショナルとしてのキャリアを加速させる--3つの方法 - (page 2)

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2011年10月04日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自主的に学ぶ

 会社が研修を企画しない限り、新たなスキルを習得しようとしない人もいるということには驚かされる。しかも、「それについてはまだ研修を受けていません」とあっけらかんと言うだけで、マニュアルを開いてみようともしない、あるいは新たなプログラムやプロセスを試そうとすらしない人までいる始末だ。残念なことに研修というものは、経費の削減が叫ばれた際に真っ先に槍玉に挙げられる場合も多いため、こういった研修のみに頼って自らのスキル向上を図ろうとしてもうまく行かないはずだ。

 身に付けたいと思っているスキルを持った同僚の作業を「こっそり覗き見」したり、技術訓練マニュアルとして今や究極の存在となったウェブを活用して学習することに何の問題もない。筆者は同僚に「自分の脳をGoogleにアウトソーシングしている」というジョークを言ったりすることもある。冗談はさておき、Googleを使って少し検索するだけで、ERP(企業資源計画)システムからハードウェアに起因する問題の解決方法に至るまで、ありとあらゆることについて詳しい説明を見つけることができる。こういったものを活用し、しっかりしたスキルを身に付けることも可能なのである。

 研修に参加する機会が与えられた際には、躊躇することなく参加し、長年にわたって役に立ち、応用の効くスキルを身に付けるように心がけておくのがよいだろう。最新のプログラミング言語を学習するのもよいが、プロジェクト管理や、一般的なマネジメントに関するスキルの方が「賞味期限」という点で有利であるため、長期的なキャリアプランにより適しているかもしれない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]