日本の全インターネット人口の80.5%がブログを訪問--コムスコア調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コムスコア・ジャパンは8月24日、PC版ネット視聴率調査データベース「メディア・メトリックス(MMX)」の2011年6月のデータをもとに分析した、日本のブログ利用に関するレポートを公開した。

 レポートによると、日本の15歳以上のインターネットユーザーで、2011年6月の1カ月間に家庭や職場からブログサイトを訪問した人は5912万人で、前年に比べ7%増加したことがわかった。

 日本の全インターネット人口の中でブログを訪問した人の割合(浸透率)は80.5%で、世界市場の中では、台湾(85.5%)、ブラジル(85.2%)、韓国(84.9%)、トルコ(81.9%)に続く5位という結果となった。

 また、ブログ訪問者1人当たりの平均訪問時間では、日本は62.6分と全市場の中で首位となり、次いで韓国が49.6分で2位、ポーランドが47.7分で3位だった。

 ブログサービス別の訪問者数では、FC2ブログが4670万人の訪問者を獲得し、前年から16%伸ばしてブログ訪問先のトップとなった。続いてライブドアブログが3340万人(35%増)で2位、アメーバブログが3220万人(14%増)で3位だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加