logo

Twitterアプリ「SOICHA」にFacebook連携機能--マルチ端末で同期可能に

藤井涼 (編集部)2011年08月10日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フライトシステムコンサルティングは8月10日、Twitterクライアントアプリ「SOICHA」に、Facebook、Google リーダー、Gmailとの連携機能を実装したプレミアムサービスを開始した。料金は月額315円だが8月末までは無料で利用できる。

  • PC版(AIR)の「SOICHA」プレミアムサービス

 SOICHAは、2010年に公開されたiPhoneアプリ「TweetMe」が前身となるTwitterクライアントで、2011年1月に現在の名称に変更した。iPhone版に加え、Android版とPCブラウザ版(AIR)が用意されており、ソフトバンクモバイルの携帯電話向けには「TweetMe for S!」としてプリインストールされている。また、iPhoneアプリは海外向けにも展開している。

 Twitterのリストや特定のキーワードで検索したタイムラインを複数登録して、横一列に並べて閲覧できるのが特徴。ツイート内に気になるキーワードがあった際に、ブラウザを切り替えることなく、ワンアクションでYahoo! JAPANやAmazonなどで検索できるほか、EvernoteやGoogle カレンダーとも連携できる。

 今回新たに提供するプレミアムサービスでは、Facebook、Google リーダー、Gmailとの連携機能が追加された。SOICHAから、Facebookのニュースフィードやウォールが閲覧できるほか、Google リーダーやGmailの新着情報も閲覧できる。開始当初、Google リーダーとGmailはPC版にのみ対応する。

  • フライトシステムコンサルティング代表取締役社長の片山圭一朗氏

 さらに、マルチプラットフォームを一元管理できる「SOICHA ID」による会員登録も開始した。PC版でIDを登録することで、iPhoneやAndroid版アプリとSOICHAの設定を同期できる。今後は、SNS「mixi」や位置情報サービス「Ramblin(ランブリン)」、飲食向けサービス「Kizna」と連携したサービスも展開していくという。

 フライトシステムコンサルティング代表取締役社長の片山圭一朗氏は、SOICHAはTwitterクライアントにとどまらない“ソーシャル・ビューワー”だと説明。プレミアムサービスによって、「SOICHAはまだまだ進化していく。皆様のソーシャルを活用する最大と最良のプラットフォームとなるよう努力していく」と意気込みを語った。

-PR-企画特集