logo

フレッツ光回線でネット接続料が無料のサービス登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリーム・トレイン・インターネット
内容:PCなどをインターネットに接続するとき、一般的にはNTTなどの通信会社に支払う回線費用と、インターネット接続事業者(プロバイダー)に支払う接続サービス費用との2つがかかるが、このうちプロバイダー費用が無料のサービスが登場した。

 PCなどをインターネットに接続するとき、一般的にはNTTなどの通信会社に支払う回線費用と、インターネット接続事業者(プロバイダー)に支払う接続サービス費用との2つがかかるが、このうちプロバイダー費用が無料のサービスが登場した。

 それが、フリービットグループで大手プロバイダーのドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が提供する「OpenBit.Net 光 FREE」だ。NTT東日本が提供している光ファイバー回線「フレッツ光」に対応したインターネット接続サービスとなっている。無料は、月額費用が高いなどの理由からまだ光ファイバー回線の導入をためらっている人たちなどにぜひ使ってもらいたいという思いから、NTT東日本の支援で実現できた。

 プロバイダー費用を無料で提供する代わりに、契約は2年ごとの自動更新になるほか、個人を特定できない形でインターネット利用の統計情報をプロバイダーが取得することに同意しなければならない。取得された統計情報は、フリービットグループがインターネット促進のために活用するという。また、OpenBit.Net 光 FREEはNTT東日本のフレッツ光回線を新たに敷設される人へ提供するプランのため、この回線を既設または敷設不可の場合は利用できない。

 また、OpenBit.Net 光 FREEを契約すると利用できる「クラウドオプション」がある。10Gバイトの大容量を使えるオンラインストレージの「ServersMan@Disk」、IMAPに対応した5Gバイトの容量を使えるウェブメールサービス「Smart Mail」、トラブルや設定の問い合わせなどを受け付けるコールセンターサービスの「テクニカルサポート」の3サービスがセットになっている。初期費用はかからず、月額525円で利用できる。このオプションは、プロバイダーサービス契約時に申し込む。

  • クラウドオプションの1つである10Gバイト大容量オンラインストレージ「ServersMan@Disk」。ファイルやフォルダを他人と共有できる機能もある。アクセス制限やパスワードを設定することも可能。

  • クラウドオプションのもう1つ、IMAP対応で5Gバイトの容量が使えるウェブメールサービス「Smart Mail」。迷惑メールチェックや迷惑メールブロック、ウイルスチェック、自動フォルダ振り分けの機能も付いている。

 インターネットがますます欠かせない世の中になり、一度プロバイダーと契約したら長期間契約したままにする人が多いのではないだろうか。これを機会に、いま自分が利用しているADSL回線を使った接続サービスなどと、長期間利用した場合の利用料金や期待できる回線速度などを比較して、乗り換えを検討してみてはどうだろう。

-PR-企画特集