logo

デル、ネットワーク機器のフォーステンを買収へ

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦2011年07月21日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは米国時間7月20日、ネットワーク製品分野への進出を目指してForce10 Networksを買収する意向を明らかにした。

 買収の条件は明らかにされなかった。

 Dellは声明の中で、Force10のネットワーク製品をサーバ、ストレージ、サービスなどからなるデータセンター関連ポートフォリオに組み込むと話している。

 この背景としてはサーバと、ストレージ、ネットワークが一括して扱われることが増えているという、大きな動きがある。また、ネットワーク製品の分野では、あらゆるハードウェアベンダーがCisco Systemsの牙城を徐々に侵食しているようだ。そんな中、Ciscoは「Unified Computing System」でサーバ市場に進出した。Hewlett-Packard(HP)はこれに対抗して3Comを買収し、Ciscoの利益を奪っている。Ciscoはこうした市場の新たな現実に対処するため、コストカットと人員削減に乗り出した。さらに19日にはIntelがイーサネットファブリックのファブレスチップメーカーであるFulcrum Microsystemsを買収する計画を発表した。このような状況の中、DellはForce10を買収することになった。

 簡単に説明するなら、各ITベンダーの狙いは、クラウドコンピューティングを対象に、ストレージ、サーバ、およびネットワークからなるデータセンターの基本的な構成要素を構築することにある。

 Force10の売り上げは年間約2億ドルにのぼる。Dellでは今回のForce10買収について、CompellentやEqualLogicといった過去の買収案件と似た形になると説明している。DellはForce10の技術と製品を、Dellの販売チャネルに移す計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集