logo

アメゴールドで購入できる「Ameba AppMarket」開始--年内にAndroidアプリ1000本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは7月12日、Androidアプリを紹介、販売するサイト「Ameba AppMarket」を開設した。Android端末向けのほか、PC向けにもサービスを提供する。サービス開始時にはデベロッパー34社が提供する150本のAndroidアプリを掲載する。年内に掲載アプリ本数1000本を目指す。

 Ameba AppMarketは、ブログサービス「Ameba」の投稿/閲覧アプリや、女性向け写真共有アプリ「girls pic」など、サイバーエージェントが制作したアプリのほか、さまざまなジャンルのサードパーティ製Androidアプリを紹介するサービス。アプリはサイトから直接ダウンロードできる。

 有料アプリの購入やアプリ内課金の決済には、仮想通貨「アメゴールド」を利用する。今後は、Ameba AppMarket限定セールや、有料アプリ購入時のアメゴールド還元などのキャンペーンを実施するとしている。

-PR-企画特集