logo

Open-Xchange、Facebook連絡先のエクスポートツール公開

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年07月11日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子メールや共同作業向けのオープンソースソフトウェアを制作しているOpen-Xchangeは米国時間7月7日、Facebookの友達が共有している連絡先情報をエクスポートして移動させるツールを公開した。

 Open-Xchangeの最高経営責任者(CEO)であるRafael Laguna氏は、このツールを説明するブログ記事で、「インターネットを創造するためにソースコードとデータプロトコルがオープンである必要があったのと同様、クラウドもオープンである必要がある。ますます多くのデータがクラウドに持ち込まれ、またクラウドの中で創り出されているが、このデータは、サービスではなく制作者が所有する必要がある」と述べている。このOpen-Xchangeの見解は、ChromeエクステンションでのエクスポートツールをブロックしたFacebookの考えとは異なるものだ。

 Open-Xchangeのツールは、同社のサーバソフトウェアにある「Social OX」という機能を使うためのデモアカウントを使用し、連絡先情報をユーザーからすでに送信された電子メールアドレスと照合する。現在はオンラインで利用できるが、Open-Xchangeでは、ダウンロードして自分で動作させることのできる次期バージョンを作成しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集