サムライインキュベート、海外企業の日本参入を支援する「Samurai Localize」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライインキュベートは6月27日、海外ITスタートアップの日本へのローカライズ事業「Samurai Localize」を開始した。

 Samurai Localizeは、海外のベンチャーキャピタルやインキュベーター、エンジェルからシードマネーを獲得した海外のITスタートアップを対象に、日本参入を支援するサービス。

 専任チームを設置し、 日本語翻訳のほか、経営やマーケティング、営業、人事、財務、CI戦略経営の支援を実施。日本での6カ月間のフィジビリティ(事業化に向けた調査)を実施し、日本ブランチ設置やジョイントベンチャー設立など、参入を支援する。

 第1弾として、7月下旬にシリコンバレーで起業した、ソーシャルアドバタイズメントサービスのスタートアップの日本参入支援を開始する。サムライインキュベートはサービス開始から1年で売上1億円を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加