logo

マカフィー、セキュリティ管理コンソール新版提供へ--APIで管理を簡略化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは6月7日、同社のセキュリティ管理コンソールの新版「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)version 4.6」を6月14日から提供すると発表した。価格は1ライセンス4231円(11~25ライセンスまで)。

 ePOは、システム、ネットワーク、データ、コンプライアンスソリューションのセキュリティを一元管理する、大企業ユーザー向けオープンプラットフォーム。状況に応じたポリシーやタスクの適用など管理業務の流れを自動化することでプロセスの簡略化を実現する。

 version 4.6では、使用中の既存ツールからePOの主要な操作を実行可能にするWeb API機能を搭載することでセキュリティ管理の簡略化を実現したという。購入したマカフィー製品や評価版をePO上で入手することができるソフトウェアマネージャー機能を使用することで、最新版のダウンロードやクライアントPCへの配備負担を軽減できるとしている。

 ePO導入時の作業手順を分かりやすく簡単にしたウィザード形式を新たに採用、ソフトウェアや管理対象システムの登録、ポリシーやタスクの適用など、管理環境構築に必要な項目をまとめて実行することが可能となったという。

-PR-企画特集