JPEGとPNGで軽く美しく--電子書籍向け画像ツール「OPTPiX imestaシリーズ」

坂本純子 (編集部)2011年06月06日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブテクノロジ・コムは6月6日、電子書籍向けの画像最適化ツール「OPTPiX imesta 7 for eBook (オプトピクス・イメスタセブン・フォー・イーブック)」を6月中旬に発売すると発表した。価格は1カ月あたり4万7250円(1ライセンス)の見込み。

  • 「OPTPiX imesta 7 for eBook」

 OPTPiX imesta 7 for eBookは、ゲーム開発の世界で支持されてきた「OPTPiX imesta」シリーズに電子書籍向けの機能を搭載し、美しく軽い電子書籍コンテンツを作成するツールとして開発されたもの。

 特長は、減色・画像最適化ツール「OPTPiXシリーズ」の画像最適化エンジンが生み出す「ハイブリッド画像」で、JPEG画像とPNG画像の2つの画像の「いいとこどり」をした点だ。

 JPEG画像は色数が多くても小さく圧縮できるが、色数が少ない場合ノイズが目立つ。PNG画像は、ノイズが入らないのできれいな画像を表示できるが、色数が多くなるとあまり圧縮できないという問題がある。独自のアルゴリズムによって元画像を細かく分割し、色数の多いところはJPEG画像で保存、色数の少ないところはPNG画像で保存する。

 これらの2つの画像を重ねることでJPEG画像のモスキートノイズを減らし、イラスト、文字、写真が混在する画像を美しい画像として生成できる。

 現段階ではマクロ機能を用いて、複数画像をまとめてハイブリッド画像に変換する。将来的にはアドビ システムズの製品(InDesignやIllustrator)などのアプリケーションで作成されたPDFやEPUBコンテンツから自動的に画像の部分を取りだし、ハイブリッド画像に差し替えることで、完成済みのPDFやEPUBコンテンツの品質を維持したままファイルサイズを大きく減らすシステムへの発展を考えているとしている。

 なお、ハイブリッド画像を体験できるウェブ版「OPTPiX eBook(ALPHA)」を無料で公開している。1日5回まで利用可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加