logo

「ATOK 2011 for Mac」--MacやWindows、iPhoneで同期が可能に

坂本純子 (編集部)2011年06月02日 18時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは、複数台のMacやWindows、iPhoneと入力環境を共有できる日本語入力システム「ATOK 2011 for Mac」を7月8日に発売すると発表した。アップルが6月6日から開催するWWDCで発表予定の新OS「Mac OS X Lion」を動作保証するとしている。

 ATOK 2011 for Macは、MacやWindowsなどの「ATOK」のユーザー辞書を他のMacやWindowsと同期できるサービスを大幅に機能強化。ユーザー辞書・設定同期サービス「ATOK Sync アドバンス」として提供する。

 従来の「登録単語」「お気に入り文書」に加え、ユーザー辞書の学習した変換候補の表示順や確定履歴の情報も同期できるようになった。他のMacとだけでなく、「ATOK 2011 for Windows」がセットアップされたWindows PCとより多くの入力環境の情報を同期できるという。また、「ATOK Pad for iPhone」や「Tweet ATOK」搭載のiPhoneとも登録単語の共有が行えるようになるという。

 なお、これらの機能は発売日以降に順次提供。利用にはユーザー登録が必要で、申し込み月の翌月から12カ月間、無償で利用可能。「ATOK定額制サービス」を利用の場合には契約期間中、無償で利用できるとしている。

 また、基本機能として、変換辞書の語彙・用例の拡充として、一般語や使用頻度が高い用例、定形の言い回しや慣用句を重点的に増強。入力中の言葉の傾向を読み取る「人名優先」「話し言葉関西」などといった適切なモードへの切り替えを支援するとしている。

 また、過去に正しく入力・変換した単語の履歴から入力ミスを補正する入力支援機能を追加し、尊敬語と謙譲語の使い分けの誤りを指摘する校正支援機能を搭載した。また、「おまかせキーワードチャージャー」により、興味や関心のウェブサイトのRSSを設定しておくと定期的にデータを読み込んで登録し、最新の情報にあわせて入力したい言葉を先読みし、推測候補を提示する機能も備えた。

 小売価格は、「ベーシック」が1万290円、ベーシック機能に加えて辞書機能を強化した「プレミアム」が1万4490円。

-PR-企画特集