コミュニティチャンネルでラジオが聴ける実証実験--J:COMとMBSが共同で

加納恵 (編集部)2011年06月02日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュピターテレコムと毎日放送は、デジタルコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」で、MBSラジオを再送信する。両社共同による実証実験として2011年9月にスタートする。

 この実証実験はMBSのラジオ放送をJ:COMのケーブルネットワークを通じて再送信し、テレビでラジオ放送を提供するサービスの技術面を検証するもの。データ放送の音声送信機能を使ったラジオ音声の再送信は、大都市圏では初の取り組みになるとしている。

 実験エリアはJ:COM 大阪セントラル(北区、中央区、都島区、城東区、東成区、鶴見区、旭区、東淀川区、淀川区)で、専用端末が設置されているデジタルサービス加入者約12万世帯を対象に実施する。実験期間の終了は未定。2011年内にユーザーに利用実態を調査し、内容改善に取り組んでいくとしている。

 両社は、東日本大震災の発生後から地域に密着した情報を伝えるラジオの重要性が再認識されているとし、MBSはラジオの送出経路の増加を、J:COMは地域密着メディアとしての役割強化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加