logo

ミクシィとバスキュールが合弁会社--ソーシャルマーケティングを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィとバスキュールは5月25日、ソーシャルマーケティングサービスを開発、提供する合弁会社「バスキュール号」を設立した。資本金は9750万円で、バスキュールが66%、ミクシィが34%を出資する。代表取締役にはバスキュール代表取締役の朴正義氏が就任する。

 バスキュールは2000年に設立されたインタラクティブコンテンツの企画制作会社。ミクシィとバスキュールはこれまで、ユニリーバ・ジャパンのヘアケアブランド「LUX」のmixiアプリ「The Actress〜華麗なる女優たち〜」や、mixi公式アプリ「mixi Xmas 2010」で、mixi内の人と人とのつながり(ソーシャルグラフ)を活用したマーケティングを実施してきた。

 バスキュール号では、mixiのソーシャルグラフを生かしたマーケティングサービスをさらに拡大するほか、ソーシャルグラフと連携したオリジナルメディアを開発、提供するという。また、テレビやラジオなどのマスメディアとの連携をはじめとしたマーケティングサービスを展開するとしている。

-PR-企画特集