オプト、Android事業のミログと資本業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オプトは5月24日、Android関連事業の促進を目的としてミログと業務提携し、ミログの株式を第三者割当増資で取得すると発表した。

 ミログはリワード広告型のアプリ内課金システム「AppReward」や、友人とインストールしているアプリを共有するアプリ「FriendApp」など、Androidアプリに関わる事業を運営している。2009年4月に設立した。資本準備金を含む資本金は1億600万円で、代表取締役社長は城口洋平氏。

 両社は今回の提携により、AppRewardの広告営業展開のほか、オプトのオープンデータプラットフォーム「Xrost」とシステム連携した広告商品の開発、Androidアプリ開発などを共同で進めるとしている。

 今回の第三者割当増資の総額は3億1000万円。オプト、リクルートインキュベーションパートナーズ、ヴイ・シー・スクウェアが増資した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加