logo

写真で見るドコモ「F-07C」--富士通のLOOXブランドを冠したiモードケータイ

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2011年05月18日 20時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NTTドコモは5月16日、2011年の夏モデルとなる新製品24機種を発表した。トレンドとなっているスマートフォンが注目を集める中で、通常のiモードケータイのラインアップながらも記者たちの目を引いたのが「F-07C」だ。

 F-07Cは、富士通のノートPCシリーズの名称である「LOOX」を冠する。CPUにはインテル Atomプロセッサ、OSにWindows 7を搭載したPCとケータイのハイブリッド端末となっている。重さは約218gで、サイズは高さ約125mm×幅約61mm×厚さ約19.8mm。世界最小PCとしてキーボードを搭載し、iモードにも対応する。おサイフケータイなどの機能も搭載しており、別売のクレードルによりUSBやHDMIで周辺機器と接続できるという。6~7月に発売予定だ。

 専用ボタンを押すだけでWindows 7のPCモードと通常のiモードケータイモードを切り替えて利用できる。
Scroll Right Scroll Left

 NTTドコモは5月16日、2011年の夏モデルとなる新製品24機種を発表した。トレンドとなっているスマートフォンが注目を集める中で、通常のiモードケータイのラインアップながらも記者たちの目を引いたのが「F-07C」だ。

 F-07Cは、富士通のノートPCシリーズの名称である「LOOX」を冠する。CPUにはインテル Atomプロセッサ、OSにWindows 7を搭載したPCとケータイのハイブリッド端末となっている。重さは約218gで、サイズは高さ約125mm×幅約61mm×厚さ約19.8mm。世界最小PCとしてキーボードを搭載し、iモードにも対応する。おサイフケータイなどの機能も搭載しており、別売のクレードルによりUSBやHDMIで周辺機器と接続できるという。6~7月に発売予定だ。

 専用ボタンを押すだけでWindows 7のPCモードと通常のiモードケータイモードを切り替えて利用できる。

-PR-企画特集