logo

米ヤフーとアリババ、決済事業の所有権移転問題めぐり交渉中

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月16日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米YahooとAlibaba Groupは声明を発表し、Alibaba傘下のオンライン決済サービスAlipayの所有権が移転された問題を解決するためにAlibabaとその株主であるYahoo、ソフトバンクが「生産的な交渉」に着手していると述べた。

 Alibabaは2010年8月、Alipayの所有権を移転したが、同社最大の株主であるYahooは、2011年3月31日までそのことを知らされなかったと主張している。一方Alibabaは米Yahooに連絡済みだったと主張しており、Bloombergに対し、グループ離脱は合法で透明だと述べている。報道によると、Alipayのグループ離脱は、米Yahooが同社株式を大量に所有している状況を嫌う中国の規制当局をなだめるためだったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集