logo

富士通、電力不足に対応するPCサーバの省電力モデル

富永恭子 (ロビンソン)2011年05月10日 20時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は5月10日、PCサーバ「PRIMERGY」に消費電力を大幅に削減した2WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル」を追加すると発表した。日本国内向けに5月20日より販売する。

 同モデルでは、富士通研究所が開発したサーバ省電力化技術により、冷却ファンの回転数を温度に応じて必要最低限となるよう制御を最適化することで、大幅な省電力を実現するという。また、PRIMERGY RX200 S6のCPUラインアップの中から、低消費電力CPUである「インテル Xeon プロセッサーL5630」を採用したほか、メモリには1.35Vの低電圧で動作する「LV-Registered DIMM」を合わせて採用することで、業界トップクラスの省電力を実現しているとする。

 富士通によれば、約5年前の同社製PCサーバと比較した場合、処理性能は約3.4倍に向上しつつ、消費電力は最大約47%削減され、同一電力量あたりの性能は約7.2倍になるとしている。また、現行の「PRIMERGY RX200 S6」と比較しても最大で約33%の消費電力を削減しているという。

 PRIMERGY RX200 S6 省電力モデルの希望小売価格は、ディスクレスタイプ、Xeon L5630(2.13GHz、4コア)、4GバイトLV-Registered DIMM搭載で35万3000円(税別)より。

PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル 従来機と同等性能で、消費電力を大幅に削減した「PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル」

-PR-企画特集