キングソフト、Android向けセキュリティアプリ提供--プライベート情報も保護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングソフトは4月27日、Android端末向けセキュリティアプリ「KINGSOFT Mobile Security for Android」の提供を開始した。Android Marketでダウンロードできる。サポートするAndroidのバージョンは2.1、2.2、2.3。価格は1980円。今後はパッケージ版を全国の家電量販店で販売していく予定だという。

 「セキュリティチェック」機能は、Android端末にダウンロードしたアプリをスキャンして、個人情報を盗み取るマルウェアやアプリを破壊するトロイの木馬などを検出する。Android上でのスキャンに加え、クラウドスキャンにより最新のウイルスの特徴や情報をもとに悪質なアプリを検出する。悪意のあるアプリはユーザーの判断でアンインストールできる。

 ユーティリティ機能として「プライベートフォルダ」と「通話履歴管理」も搭載している。プライベートフォルダは、特定の名称や電話番号などの連絡先情報の第三者による閲覧をパスワード設定によりブロックする。プライベートフォルダ内の連絡先へ通話しても、その連絡先は通話履歴には表示されないため、プライベート情報を保護できる。

 通話履歴管理は、ホワイトリストとブラックリストを作成することで、特定の番号や名前などからの電話やSMSの許可、拒否を設定できる。迷惑電話の着信やSMSスパムの受信の遮断に有効な機能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加