キヤノンITS、スパム対策アプライアンス新モデル--HDDとメモリを増強

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)ITグループのキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は4月25日、迷惑メール(スパム)対策アプライアンスの新モデル「SecureSoft SpamHunter 1000S」を5月2日から販売すると発表した。税別価格は98万円となっている。

 SecureSoft SpamHunterは、小規模企業からASP事業者などの大規模企業まで幅広く利用できるという。情報漏えいや誤送信の防止機能も標準搭載している。新モデルでは、ハードディスク容量を1Tバイト、メモリを2Gバイトへと増強し、保存領域を向上させている。1日のメール処理件数は推奨で7万通、最大で12万通となっている。

 新モデルの発売に伴い、他社製品からの乗り換えユーザー向けに「他社製品乗換キャンペーン」を開始。12月28日まで79万円で販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加