アマゾンのクラウドサービス障害、一部で復旧に遅れも

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一2011年04月25日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドコンピューティングインフラストラクチャの「Amazon Web Services」(AWS)で米国時間4月21日に発生した重大な障害について、Amazonは22日、影響を受けた顧客の大半に関して終息が見えてきたと述べた。

 「ボリュームの回復は引き続き進んでおり、回復していることを確認した顧客がさらに増えたと聞いている。現在の見通しでは、ボリュームの大部分があと5時間から6時間で復旧する」と、Amazonは22日午前8時49分、AWSの最新の状況を知らせるサイト「Service Health Dashboard」に記した。ここで言及しているボリュームとは、データを保存するEBS(Elastic Block Storage)ボリュームのことだ。

 しかし、一部の顧客はまだ安心できない。一部には、Amazonがデータを21日に行ったバックアップから復元しなければならない場合があり、この処理には時間がかかる。「こうした場合は回復までもうしばらく時間がかかると思う」とAmazonは述べ、実際にどのくらいかかるかという見通しには触れていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加