logo

米陸軍、「Android」ベースの軍事用デバイスを開発--SDKを今夏にはリリース

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年04月22日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米陸軍は今週、ウェブサイトで、「Android」ベースの「Joint Battle Command-Platform」(JBC-P)デバイスの評価を行っており、配備に向けて動いていると発表した。

 JBC-Pハンドヘルドは、Androidを大幅に改変した「Mobile/Handheld Computing Environment」で動作する。現在はプロトタイプであるが、戦術行動中の兵士のモバイル通信環境に大きな成果をもたらす。米陸軍は、サードパーティー開発者が新しいアプリを制作するためのソフトウェア開発キット(SDK)を、2011年夏にリリースする計画だ。これにより、新しく開発されたさまざまなアプリケーションを兵士が利用できるようになると米陸軍は述べている。

 このような端末は前線にいる兵士にとって非常に有益であると、米陸軍は主張している。その理由の1つに、野外演習を行っている兵士が、敵や爆弾を見つけた際にその位置をデバイスに入力することで、その地域にいる他の兵士が端末からその情報を得ることができるようになることを挙げている。また、自分の部隊の他の兵士を追跡する際にも役に立つという。

第82空挺師団では、ノースカロライナ州フォートブラッグ基地で3月に入って実施された演習で、標準仕様の無線とAndroidベースのスマートフォンのプロトタイプを併用した。 第82空挺師団では、ノースカロライナ州フォートブラッグ基地で3月に入って実施された演習で、標準仕様の無線とAndroidベースのスマートフォンのプロトタイプを併用した。
提供:U.S. Army/Ashley Blumenfeld, JPEO JTRS

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集