マクセル、ハイブリッド骨伝導ヘッドホン「VIBRABONE」

加納恵 (編集部)2011年04月18日 15時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは4月18日、骨伝導ヘッドホン「VIBRABONE(ビブラボーン)HP-VBC40」を発表した。骨伝導ユニットとマイクロスピーカーユニットを搭載したハイブリッドモデルになる。発売は4月25日。店頭想定価格は4000円前後になる。

  • 「VIBRABONE HP-VBC40」

 HP-VBC40は、重低音を骨伝導ユニットから、中高音域をスピーカーユニットから再生するインナーイヤー型のヘッドホンだ。骨伝導ユニットは、バイブレーション効果が得られる振動ユニットを採用しており、重低音とともに臨場感あるサウンドを再生するとしている。

 ボリュームコントローラを搭載し、骨伝導振動ユニット、マイクロスピーカーユニット、それぞれの音量調整が可能。骨伝導ヘッドホンのみを使用した場合、骨(頭蓋骨)を通して音を伝えることで、鼓膜への負担を軽減できるとしている。

 コードにはからみ防止スライダー付きの1.4mY型を採用。S、M、Lと3サイズのイヤーピースが同梱される。本体重量は約21g(コード含む)。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3つになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加