日本IBM、新POWER7を搭載したブレードサーバ--電力あたりの性能が6割向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは4月13日、新しいPOWER7プロセッサを搭載したブレードサーバ「IBM BladeCenter PS703 Express」「IBM BladeCenter PS704 Express」の販売を開始した。

 PS703は、シングル幅で16個のプロセッサコアを搭載、一方のPS704は、ダブル幅で32個のプロセッサコアを搭載する。新ブレードは、従来製品より動作周波数を抑えたPOWER7を活用することで、従来の2倍の数のプロセッサコアを実装できるようになっており、同じ消費電力であれば、PS704では処理性能が従来より約6割向上しているという。また、電力効率に優れた半導体ドライブ(SSD)もサポートする。

 最小構成価格(税別)は、PS703(2.4GHz 8コアPOWER7×2、最大128Gバイトメモリ、最大600GバイトHDD)が194万3900円、PS704(2.4GHz 8コアPOWER7×4、最大256Gバイトメモリ、最大1.2TバイトHDD)が532万6800円。出荷開始は5月20日。

説明 「IBM BladeCenter PS703 Express」(左)と「IBM BladeCenter PS704 Express」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加