logo

富士山、雑誌1万5000冊を被災地に寄付

鳴海淳義 (編集部)2011年04月05日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン書店「/~\Fujisan.co.jp」を運営する富士山マガジンサービスは4月5日、東日本大震災の被害を受けた宮城県と福島県、岩手県内の避難所約1000カ所に対して、雑誌1万5000冊を寄付することを発表した。

 富士山マガジンサービスの呼び掛けに、産経新聞社、扶桑社、メディア・ファクトリー、マガジン・マガジン、英和出版社など23の出版社が賛同した。富士山マガジンサービスが保有する各雑誌のバックナンバー、そのほかの協力会社などから92タイトル全1万5000冊が集まった。

 被災地に送られたのは、一般誌、文芸誌、言論誌、パズル雑誌、クロスワード雑誌、子供向け雑誌、災害時の自衛隊の活動などを紹介する専門誌など。

-PR-企画特集