logo

iPad 2発売延期で3月のスレートPC販売台数が大幅減-震災後も戻り鈍く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPad 2発売延期の影響もあり、3月のスレートPC(タブレット端末)の販売台数が大幅に落ち込んでいることがわかった。

 BCNの調べによると、国内におけるスレートPCの販売実績(台数ベース)は、1月31日~2月6日の販売台数を100とした場合、iPad 2が発表された3月3日(日本時間)を含む2月28日~3月7日に「66」と大幅に減少。また、3月10日にはビックカメラなどの量販店が運営するネット店舗でのアップル製品の販売が再開されたものの、このなかにはiPadが含まれておらず、3月7日~13日には「46」と、さらに落ち込みをみせた(ただし、地震の影響で3月11日~13日において一部販売店のデータが未取得)。そして、日本でのiPad 2の発売日を当初の予定であった3月25日から延期することが発表された3月16日を含む、3月14日~20日には「57」となった。

 iPad 2の発売延期によるiPadの買い控えが長期化していることが全体の数字を大きく引き下げ、さらに震災の影響による消費意欲の減退が追い打ちをかけた形だ。

スレートPC販売台数の推移 スレートPC販売台数の推移(BCNのデータを元に作成) ※クリックすると拡大画像が見られます

 実は、PCの販売台数は、震災後徐々に回復に転じつつある。1月31日~2月6日の販売台数を100とした場合、震災発生日を含む3月7日~13日はデスクトップPCが「79」、ノートPCが「92」(いずれも地震の影響で3月11日~13日において一部販売店のデータが未取得)であったのに対して、3月14日~20日ではデスクトップPCで「89」、ノートPCでは「114」に回復。さらに、3月21日~27日ではデスクトップPCで「122」、ノートPCで「153」と、2月第1週を大きく上回る実績となっている。このことからも、単なる消費意欲の減退だけでなく、iPad 2の発売延期がスレートPC市場全体の不振に大きな影響を与えていると言えそうだ。

 iPad 2は、米国で現地時間の3月11日に発売され、初日だけで50万台が販売されたという調査結果があるほどの人気ぶり。米国では、直販サイトのApple Storeでも、出荷までに3~4週間待ちという状態となっている。3月25日には日本以外の、英国、フランス、ドイツなど約25カ国で発売されたが、これらの国でも品不足が続いている状態にある。

 アップルでは、日本におけるiPad 2の新たな出荷日を明確にしていない。日本の災害復興を視野に入れて発売延期を決定した経緯、さらに世界的な品薄にある状況を考えれば、日本での発売は先送りの状態がもうしばらく続きそうだ。日本での発売時期がいつになるのかといった点に注目が集まるとともに、どれぐらいの供給量があるのかも大いに気になるところだ。

-PR-企画特集