logo

スカイプ、「Skype in the classroom」正式版を発表

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年03月31日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Skypeは米国時間3月30日、「Skype in the classroom」が正式版になったと発表した。このサービスは、世界中の教育者がビデオを通じて共同作業できるようにするもので、2010年12月からベータ版が提供されていた。

 Skypeの通常のサービスとの違いとしては、教育者が同じテーマについて教えている教育者を検索できる機能などがある。また、別のクラスとの共同作業や、教師が年齢層や所在地、関心のある主題で検索することも可能だという。

 Skype in the classroomを使用したプロジェクトは40以上始まっており、すでに4700人以上の教師がこのサービスを試している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]