logo

日本Androidの会、災害用アプリの作成を検討

鳴海淳義 (編集部)2011年03月28日 15時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本Androidの会は3月25日、東北地方太平洋沖地震の災害支援活動を開始すると発表した。

 主な内容は災害用のAndroidアプリの作成とイベントなどでの募金となる。アプリは現在アイデアを検討している段階。募金は都内で毎月実施している本会の定例会や、年に2度のペースで企画されている大規模イベント「Android Bazaar and Conference」、地方支部の各種イベントなどで継続的に実施していくという。

 地方支部の1つである東北支部と関西支部は3月18日と19日に、被災者支援に役立つスマートフォンアプリを開発するチャリティーイベントとして、アプリのアイデアを議論するチャリティーアイディアソンと、そのアイデアを元に実際にアプリを開発するチャリティーハッカソンを開催した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]