logo

アマゾン、Android向けアプリストアを開設--Test Drive機能で試用を可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月23日 08時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間3月22日、同社のAndroid向けアプリケーションストアを正式に開始した。

 「Amazon Appstore for Android」は、開始当初から約3800本の提供アプリを用意し、今後もその数を増加していく予定である。Amazonは、同ストア開始に伴い「Angry Birds Rio」を無償提供するとともに、毎日1本の有料アプリを無償で提供することを明らかにしている。

 AmazonのAppstoreを使ってAngry BirdsなどのアプリをAndroid端末にダウンロードするには、最初に同社のAppstoreアプリを端末にインストールする必要がある。手順はGetting Startedページで詳しく説明されている。Appstoreをインストールすると、同ストアにあるアプリを閲覧したり検索したりすることができるようになる。アプリをダウンロードするにはAmazonアカウントも必要となる。

 他のアプリストアと同様、Amazonはアプリをゲーム、教育、ニュース、天気、旅行、ショッピング、ソーシャルネットワークなど広範なカテゴリで整理している。また、ベストセラーやニューリリース、無料アプリなどのカテゴリでアプリを探すことも可能である。各アプリには、説明やユーザーレビューなどの詳細が表示される。Amazonはまた、ユーザーの興味や履歴に基づいてアプリを推薦する。

 「Buy App」または「Get App」ボタンをクリックすることでアプリをダウンロードし、そのアプリをウェブサイトのMy Appsページに追加したり、携帯端末に直接インストールしたりすることができる。ユーザーは、同サービスのウェブサイト経由でPCから、または携帯端末のAppstoreアプリからアプリを購入することができる。

 Amazonはまた、多くのアプリを対象に購入前の試用を可能にする「お試し」機能を提供している。この「Test Drive」オプションは、Amazonのクラウドベースの「EC2」サービスでアプリを立ち上げる仕組みとなっており、アプリの簡単な使用感やどのように機能するのかを確かめることができる。

 Amazonによると、Appstore for Androidは、「Android 1.6」以上を搭載した端末で利用可能だという。

Amazon 提供:Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集