logo

日本デジタルオフィス、緊急連絡用アプリ公開--日本MSがAzureを無償提供

冨田秀継 (編集部)2011年03月18日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本デジタルオフィスと日本マイクロソフトは3月18日、協同で携帯電話およびスマートフォン向けの被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」を開発したと発表した。同日より無償で提供する。

 J!ResQは、事前に登録した最大5件のメールアドレスに、自身の位置情報と音声を自動で送信できるアプリケーション。この機能によって、被災者は自身の消息を家族などに簡単に知らせることが可能になる。

 J!ResQが送信した位置情報と音声は、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Windows Azure Platform」に自動で蓄積される。メールの送信先に含まれない人は、発信者のメールアドレスを検索して知人の消息を確認できるしくみだ。

 スマートフォンからは「災害時緊急連絡用アプリ J!ResQ」で、携帯電話からは「J!ResQ」で利用できる。

 J!ResQは、日本デジタルオフィス、日本マイクロソフト、オープンソースの開発者コミュニティ「Windows Maniax」の呼びかけで参加したボランティアの協力で開発された。また、日本マイクロソフトは、J!ResQの開発と提供でWindows Azure Platformを無償提供している。

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・支援・事業継続

-PR-企画特集