logo

次世代ストレージ企業のFusion-io、IPOを申請

Larry Dignan (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年03月10日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストレージ企業のFusion-ioは米国時間3月9日、新規株式公開(IPO)を申請した。ソルトレイクシティを拠点とする同社は、新世代のエンタープライズストレージの企業として注目を集めている。同社の最も大口の顧客はFacebookだ。

 Fusion-ioは、2010年12月31日までの6カ月間で、5830万ドルの売り上げに対して824万ドルの純損失を計上している。前年同期には1193万ドルの売り上げに対して1320万ドルの純損失を計上していた。それでも、証券引受会社には、Goldman Sachs、Morgan Stanley、J.P.Morgan、Credit Suisseといった大手企業がそろっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集