東映アニメ、モバゲーにソーシャルゲーム提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東映アニメーションとディー・エヌ・エー(DeNA)は3月9日、ソーシャルゲーム事業で連携し、DeNAが運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「モバゲータウン」で、東映アニメーションが有するコンテンツを題材にしたソーシャルゲームを配信開始した。

 第1弾として、漫画「農業ムスメ!」の世界観を再現した育成シミュレーションゲーム「農業ムスメ!」を配信する。ほかのユーザーと一緒に野菜を育ててコレクションしたり、野菜を交換したりできる。

 また、今春に配信開始予定の、テレビアニメ「スラムダンク」を題材にしたソーシャルゲーム「スラムダンク for モバゲー」の事前登録の受付を開始した。このゲームは、ユーザーが、スラムダンクに登場する高校の生徒になり、作品中のキャラクターと一緒に練習や試合をすることでチームを強くする育成シミュレーションゲーム。ユーザー同士で協力してチームを育成する協力プレイも楽しめるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加