logo

AOL、The Huffington Postの買収を完了

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2011年03月08日 07時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLは米国時間3月7日、3億1500万ドルを投じたThe Huffington Postの買収を完了したと発表した。AOLは、The Huffington PostにAOL MediaとAOL Localを統合し、The Huffington Post Media Groupを設立。The Huffington Post創設者のArianna Huffington氏が、同グループの社長兼編集長に就任し、同グループを統括する予定である。

 AOLがThe Huffington Postの買収を発表したのは1カ月前のことである。Huffington氏は当時、この買収によりAOLは「インターネットにおけるスマートなコンテンツおよびコミュニティーの最大の到着地の1つ」になるだろうと述べた。

 AOLは、複数の買収を繰り返し、主要なウェブメディア企業としての同社の地位を再度確立しようと努めてきた。2005年には、技術ニュースサイトEngadgetなど多数のサイトを運営するWeblogs Inc.の買収を発表した。2010年には、技術ニュースサイトTechCrunchを買収した(金額は未公表)。そして今回、月間ユニークビジター数2500万人を誇るThe Huffington Postが、最大規模のメディアとしてそれらに加わる。

 しかしそれでも、AOLで進行中の人員削減計画に変更はないようだ。

 All Things Digitalは先週、AOLが近いうちに人員を削減する予定であると報じた。All Things Digitalの情報筋は、人員削減の時期と規模は特定できなかったが、「まもなく」実施されると述べた。このようなうわさに先立ち、AOLの最高経営責任者(CEO)であるTim Armstrong氏は先週、ニューヨークで開催されたPaidContentカンファレンスにおいて、今回の買収により、一部「転職」が生じるだろうと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集