シマンテックからAndroid向け総合セキュリティアプリ--量販店で販売

田中好伸(編集部)2011年03月04日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは3月3日、Android向け総合セキュリティアプリケーション「ノートン モバイル セキュリティ」を3月18日から発売すると発表した。家電量販店で販売される。オープン価格だが、想定実売価格は2980円(ライセンス期間は1年)。サポートするAndroidのバージョンは2.0、2.1、2.2。対応キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル。

 盗難紛失対策として、リモート検索やリモートロック、リモートワイプなどの機能を搭載する。これらの機能はSMSメッセージがベース。盗難や紛失の事態に同一のキャリアからSMSメッセージを送ることで、その端末の位置情報をGoogle Maps上で確認したり、端末を遠隔操作でロックしたり、端末内の情報を抹消したりできる。またSIMカードロックを設定すれば、SIMカードが抜かれると本体をロックして使用できなくすることも可能だ。

画面ショット モバイル セキュリティの画面

 マルウェア対策としては、スキャニング機能が搭載される。ダウンロードしたアプリをインストールした時点でスキャンするとともに、定時のスキャンや手動でのスキャンも可能だ。オプションとしてSDカードもスキャンできる。マルウェアをスキャンするための定義ファイルは、LiveUpdateで常に最新のものに更新される。米SymantecのCon Mallon氏(プロダクトマーケティングディレクター)は「今は定義ファイルベースでのスキャニングだが、今後はレピュテーション(評価)技術もあり得る」と説明している。迷惑電話の着信やSMSメッセージの受信を拒否する設定も可能だ。

 モバイル セキュリティは、店頭で購入したパッケージの中に、アプリをダウンロードできるURLとアクティブ化コードが同梱されており、そのURLにアクセスして、コードを入力するとアプリをダウンロードして、インストールできる。スマートフォンを対象にしているが、タブレット端末向けにも最適化されているという。

 モバイル セキュリティは2010年からベータ版として公開。シマンテックの風間彩氏(リージョナルプロダクトマーケティングマネージャ)によれば「ベータ版のダウンロード数は20万となっており、そのうち8万が日本のユーザー」と説明している。これは「携帯電話やスマートフォンのセキュリティに関して日本が最も関心が高い」(風間氏)ことの表れだという。

 シマンテックは同日、スマートフォンを含めた携帯電話の利用調査の結果を発表している。この調査はシンガポール、インド、豪州、中国、台湾、日本が対象。各国で端末の紛失で最も恐れていることは「知人の連絡先情報をなくす」(風間氏)ことだが、日本の場合「プライバシーが侵害されるかもしれないことも同じくらい恐れている」(風間氏)という。また日本人は端末の紛失や盗難の問題解決について、金銭で解決できる場合、対象国の中で「最も高い金額を支払ってもいいと考えている」(風間氏)ことも明らかになっている。日本が1万8758円であるのに対して、最も低い金額が豪州で1万1620円という結果だ。

 今回のソフトはAndroid Marketではなく、まずは量販店での販売となっている。このことについてシマンテックでコンシューマ営業統括本部統括本部長を務めるAndrew Dunbar氏は、「スマートフォンは量販店で実物を触って買うことができる。モバイル セキュリティも、同様に分かりやすく説明してもらうことで、その良さを理解してもらえる」と説明する。Android Marketからの購入は「これから検討する」(Dunbar氏)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加