logo

ミクシィ、SNSとスマフォの融合「ソーシャルフォン」をソフトバンク先行で提供

鳴海淳義(編集部)2011年02月25日 16時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは2月25日、スマートフォンでソーシャルネットワーキングサービス「mixi」をより便利に使うためのAndroid用アプリケーション「ソーシャルフォン」をソフトバンクモバイル端末で先行して開始した。

 ソーシャルフォンは、mixiの機能とスマートフォンの機能を連動させることで、mixiボイスや日記をはじめとするmixi内の更新情報を一元的に表示できるほか、スマートフォンに登録している電話帳と「mixi」でつながる友人、知人データを自動的に同期させられる。

 6月までに順次、Felica機能を使ったマイミクシィ申請機能も搭載される予定。Felica機能が搭載された端末同士であれば、お互いに端末をかざすだけでマイミク申請が可能になるという。主な機能は以下のとおり。

  • 手元で簡単に情報発信と表示が可能に
    つぶやき(mixi ボイス)、フォト、カレンダー、日記への投稿およびmixiの友人のプロフィールや最新のつぶやき、日記、mixi チェック、フォトなどのステータスを一元的に表示
  • スマートフォンの電話帳とマイミクデータを自動的に同期
    スマートフォンの電話帳とmixiの機能が自動的に同期することで、ソーシャルフォンアプリから電話やmixiのメッセージ送信などさまざまな機能が利用可能
  • フォトライブ壁紙
    友人がアップロードした写真を自動的にスマートフォンのライブ壁紙に設定
  • mixi チェックイン情報の地図表示連携(2011年4月以降順次予定)
    mixi チェックインの情報が本アプリ内の地図に連携表示され、mixiの友人の場所が確認可能
  • Felica機能で簡単マイミク申請(2011年6月頃までに順次予定)
    Felica機能を搭載した端末で、ソーシャルフォンアプリを利用しているユーザー同士であれば、スマートフォン同士を軽く接触させるだけでマイミク登録が可能

 ソーシャルフォンの対応機種はAndoroid2.2以上を搭載するスマートフォン。ソフトバンクモバイル先行で提供される。その後はほかのキャリアの端末にもアプリが提供される可能がある。

-PR-企画特集