ソフトバンクテレコムとVMwareが提携--ハイブリットクラウドを7月に提供

藤井涼(編集部)2011年02月22日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクテレコムとVMwareは2月22日、企業向けのハイブリッドクラウド事業で提携した。7月よりソフトバンクテレコムのクラウドサービス「ホワイトクラウド」上で、「VMware vCloud Datacenter Services」を提供する。

  • VMware CEOのPaul Maritz氏とソフトバンクテレコム代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏

 VMware vCloud Datacenter Servicesは、VMwareのクラウドプラットフォーム「VMware vSphere」「VMware vCloud Director」「VMware vShield」で構築されるハイブリットクラウドサービス。

 社内データセンターと認定サービスプロバイダが提供するパブリッククラウドサービスの双方にアプリを展開できるのが特徴。時間単位で課金する従量制を採用しているため、負荷に合わせたリソース管理でコスト削減が可能になる。

 VMwareは、VMware vCloud Datacenter Servicesをベースとしたハイブリットクラウドを提供するため、これまでにBluelock、Colt、SingTel、Terremark、Verizonと提携しており、日本ではソフトバンクテレコムが初の認定サービスプロバイダとなる。

 VMware CEOのPaul Maritz氏は2月22日に開かれた会見で、「VMwareとソフトバンクの世界の見方が同じだったこと。またソフトバンクは非常に革新的で俊敏に動ける企業であり、私たちにとって適切なパートナーだった」と、ソフトバンクテレコムをパートナーに選んだ理由を語った。

ソフトバンクテレコムが提供するハイブリットクラウドサービス(イメージ)(クリックすると拡大します)

 ソフトバンクテレコムでは7月のサービス提供に向け、技術や運用面についての早期検証プログラムを3月に開始する。同プログラムには、SGシステムや野村證券、金融系企業が参加するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加