CMS「PivotX」に脆弱性--パスワード変更される可能性、攻撃も確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月21日、ウェブコンテンツ管理システム(CMS)の「PivotX」に第三者によってパスワードを変更される脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 2.2.3以前のバージョンに、第三者によってユーザー名を推測された場合に、パスワードを変更される脆弱性が存在する。悪用されると、細工されたURLを使用することでリモートの第三者に管理者権限でアクセスされる可能性がある。

 開発者によると、2.2.4で今回の脆弱性を修正されているが、ユーザーは速やかに最新版の2.2.5へアップデートすることを推奨している。今回の脆弱性を使用した攻撃がすでに観測されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加