logo

ミクシィ、NFC利用した「リアルチェック」--世界初、場所やモノと連携

鳴海淳義(編集部)2011年02月10日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは2月9日、「近距離無線通信」(NFC)技術を利用した「mixiチェック」と「mixiチェックイン」を提供開始した。

 NFCを利用したmixiチェックとmixiチェックインは、それぞれ「mixiリアルチェック」、「mixiリアルチェックイン」と呼ばれる。たとえば、NFCタグ付きのPOP広告などを店頭に置いておくと、来訪者はAndroid端末をかざすだけでmixiチェックやmixiチェックインを利用できる。

 ミクシィによれば、Android端末向けNFCと位置情報を組み合わせたサービスの提供は世界初だという。対応端末はAndroid 2.3搭載機種で、現在のところ「Google Nexus S」のみ。国際規格であるNFCは今後広く普及していくと見られる。

 ミクシィは実世界の場所や物にもmixiチェックの対応範囲を拡げる。ポスターや書籍のカバーにNFCタグを貼れば、対応端末をかざすだけでmixiユーザーに情報を共有したり、友人のレビューが見られたりといったことが可能になるという。端末同士をタッチすることでマイミク申請を行うというアイデアもあるそうだ。

-PR-企画特集