logo

最新エネルギー事情がわかる「ENEX2011」--ワイヤレス給電システムも展示

加納恵(編集部)2011年02月08日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 省エネ、環境関連製品や技術を集めた展示会「ENEX2011」が、2月8〜10日の間、東京ビッグサイトで開催されている。今回はパワーデバイス、ワイヤレス給電などの最新技術を展示する「Smart Energy Japan 2011」との同時開催となる。出展者数は133企業、団体。開催期間3日間で3万7500人の来場者を見込んでいる。

 会場内には、燃料電池や太陽光、風力、バイオマスなどの発電システムといった再生可能エネルギー関連機器、ビル、オフィスの省エネデモ展示、ハイブリッドカー、電気自動車など省エネ、新エネ関連製品が展示された。三菱自動車工業の電気自動車「i-MiEV」に加えて、専用の給電システムなども用意された。

  • 日本テクノの電動バイク「ECOXYZA」

  • 従来家電と最新省エネ家電によるCO2排出量の比較展示も。最新省エネ家電を使用すると冷蔵庫とテレビで1日あたりの排出量が約0.66kgから0.33kgに削減されるという

 一方、エネルギーシステムの研究開発にフォーカスしたSmart Energy Japan 2011では、パワーデバイス、熱や振動、電磁波といった環境に存在するエネルギーを電力に変換するエネルギーハーベスティング、ワイヤレス給電などの最新機器が展示された。

 日立マクセルブースでは、2月7日に発表されたばかりのiPhone 4用ワイヤレス充電システムを展示していた。

  • 日立マクセルブースでは発表されたばかりのiPhone 4用ワイヤレス充電システムを展示。写真はシングルタイプの送電パッド

  • 専用スリーブの中。iPhone 4のドック部に差し込むことでワイヤレス充電ができるようになる

  • 2台同時充電ができるダブルタイプでは、写真のようにコイルが2つ内蔵されているという

-PR-企画特集