セカイカメラ、映画『のぼうの城』の舞台となる埼玉県行田市にエアタグ設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 頓智ドットは、スマートフォン向け拡張現実(AR)アプリ「セカイカメラ」を活用した「AR観光プロモーション」の第2弾として、今秋公開予定の映画『のぼうの城』とその原作小説に関するエアタグの設置を2月1日に開始した。

 セカイカメラは、スマートフォンのカメラで撮影した現実の映像に、エアタグと呼ばれるデジタル情報を重ねて表示するサービス。AR観光プロモーションは、リクルートの調査組織「じゃらんリサーチセンター」、埼玉県、トランスコスモス、頓智ドットの連携事業で、セカイカメラを活用して埼玉県の歴史観光コンテンツをエアタグ情報として紹介するもの。

 第2弾となる今回のプロモーションでは、『のぼうの城』の物語の舞台となった行田市の「忍城」周辺でセカイカメラを起動したスマートフォンをかざすことで、その場で小説の一部を読むことができる。また、映画に登場する成田長親や甲斐姫などの主要キャラクターのエピソードをエアタグ情報として紹介する。

 そのほか、市内各所に約500個のエアタグを設置し、観光スポット、ご当地グルメ店、交通機関情報などの観光情報を提供する。さらに2月19日と20日には、行田市でセカイカメラを使った期間限定イベントを開催するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加