「Android」狙うボット「Geinimi」確認--アプリに混入して感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は1月21日、一部のスマートフォンやタブレット型端末で使用されているOS「Android」を標的とした新たなウイルス「Geinimi(ゲイニミ)」が確認されているとして、注意喚起を発表した。

 GeinimiはAndroidをターゲットとする初のボット型ウイルスであり、悪意のある者がウイルスに感染した端末を乗っ取る可能性を持った、危険性の高いものとしている。Geinimiは、Android Market以外のアプリ配布サイトで配布される正規を装ったアプリに混入されていたり、海外製ゲームアプリや写真集アプリ、日本の海賊版アプリと抱き合わせているケースが確認されている。

 IPA/ISECでは注意点と対策として、信頼できる場所から正規版のアプリを入手すること、Androidの「提供元不明のアプリ」設定のチェックを外しておくこと、アプリをインストールする際に表示される「アクセス許可」に必ず目を通し、不審なアクセス許可がないかとチェックすること、セキュリティ対策ソフトを導入することを挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加