logo

サイバーエージェントとミクシィ、ソーシャルアプリ事業の合弁会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントとミクシィは1月25日、合弁会社として、mixiアプリプラットフォーム向けソーシャルアプリの企画、制作を手がける新会社「グレンジ」を2月1日に設立すると発表した。

 グレンジはモバイル版とスマートフォン版のmixiアプリを開発、運営するソーシャルアプリ事業会社。資本金は5000万円で、出資比率はサイバーエージェントが51%、ミクシィが49%。代表取締役社長にはサイバーエージェントの木下慎也氏が就任する。

 サイバーエージェントグループのソーシャルアプリ運営ノウハウと、ミクシィが保有するアプリプラットフォームを生かして、実際の友人や知人とのつながりを持つmixiに最適なソーシャルアプリを開発、運営することで、2011年9月期に売上高5億円を目指すとしている。

-PR-企画特集