ミクシィ、独VZnet Netzwerkeが運営する3つのSNSと連携

鳴海淳義(編集部)2011年01月20日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは1月20日、ドイツのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Vznet」(ファーツェットネット)を運営するVZnet Netzwerkeとの間で、プラットフォーム共通化に関連する基本合意書を締結したことを発表した。

 VZnet Netzwerkeは中高生向けSNS「schulerVZ」、大学生から社会人向けSNS「studiVZ」、社会人向けSNS「meinVZ」の3サイトを運営。合計で1750万以上(2010年11月)のユーザーが利用しているという。

 両社は今後、ソーシャルアプリプラットフォームの共通化を進め、アプリケーションプロバイダが両社のSNS上で事業展開しやすくなるように仕組みを整える。なおミクシィは2010年9月より、中国のSNS「Renren」、韓国のSNS「Cyworld」と同様の取り組みを進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加