logo

グリー、開発パートナーによるスマートフォン向けウェブアプリを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーがスマートフォン版「GREE」で、開発パートナーによるソーシャルアプリの第1弾を公開した。公開されたソーシャルアプリは以下の通り(近日中にリリース予定のタイトルも含まれる)。

  • BABY☆CH♪〜赤ちゃん編〜(i−ドメイン)
  • 剣と魔法と学園モノ。みんなの迷宮(アクワイア)
  • Boys Makerらぶコミュ(アンビション)
  • 萌えCanちぇんじ!(アンビション)
  • オンラインカードバトルゲーム 憂国の大戦(イーイット)
  • ダービーズキングの伝説(オルトプラス)
  • なんでも検定(gumi)
  • オチール for GREE(元気モバイル)
  • 100万人の三国志(コーエーテクモゲームス)
  • ぼくのレストラン2(Synphonie)
  • サカつくG(セガ)
  • 地球防衛軍レジェンド(ディースリー・パブリッシャー)
  • 魔獣ウォーズ(頓智ドット)
  • 宇宙神話モバイルプラネットG(バズー)
  • 闘女伝説モバイル学園(バズー)

 これらはいずれもスマートフォン向けアプリケーションプラットフォーム「GREE Platform for smartphone」を利用したiPhoneとAndroid端末向けウェブアプリで、ウェブブラウザを通して提供される。開発パートナーによるソーシャルアプリの公開は2010年12月6日に同プラットフォームの仕様が公開されて以来初めてとのこと。

 GREE Platform for smartphoneでは、ウェブアプリ以外にもiOSアプリとAndroidアプリの仕様を公開しており、グリーは今後、開発パートナーによるiOSアプリやAndroidアプリも順次公開するとしている。

-PR-企画特集