ディー・ワークス、iPhoneアプリやAndroidアプリの解析サービス

岩本有平(編集部)2011年01月20日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・ワークスは1月20日、スマートフォンアプリの解析サービス「wellout スマートフォンアプリ解析」の提供を開始した。

 wellout スマートフォンアプリ解析は、ユーザーがアプリストアからダウンロードしたiOSやAndroid向けアプリについて、利用傾向や利用端末などを解析できるクラウド型のサービス。iOS 3.0以上、Android 1.5以上に対応する。

 アプリ開発時にディー・ワークスが提供するモジュールを組み込むことで、アプリの起動や終了、ボタンクリックといったイベントを取得できるようになる。イベントは月、日、曜日、時間帯別で閲覧できるほか、起動回数や起動時間なども確認できる。

 また、ユーザーがアプリ上でどのようなアクションを行ったかという経路解析にも対応。OSや使用言語、端末のモデル、ネットワークの状況といった端末情報も取得できる。アプリのエラー状況も取得できるため、マーケティング担当者だけでなく、アプリ開発者にも有用だという。

 イベントのデータは端末内に一時的に保存され、ネットワークに接続したタイミングで送信されるため、オフライン時の行動についても解析できる。サーバ上のデータは1日1回更新される。

 通常アプリストアでは、アプリのダウンロード数や課金といった情報は提供されるが、ダウンロード後の行動などはつかむことができない。またアプリ向けの広告配信サービスでも、広告の効果測定用に一部の行動しか解析できないケースが多い。このようなユーザーの声をもとに、アプリ上でのさまざまなイベントを取得できる解析サービスを提供したとディー・ワークス代表取締役の泉大五郎氏は説明する。

 さまざまなイベントを取得できるということは、必要のない情報も取得できるということにもなるため、「どの情報が必要か、アプリごとにKPIをどう設定するかも重要」(泉氏)だという。同社ではサービスの提供に加えて、導入のコンサルティングも有料で実施する。

 料金は解析イベント数によって異なる。10万イベントまでの解析で月額10万円からとなっている。

  • 日別のアクセス状況。ウェブサイトのアクセス解析と文言を合わせて、イベント数を「ページビュー」、起動回数を「訪問数」などとしている

  • 利用端末などの情報も分析可能

  • 経路解析では、ユーザーがアプリ上で行ったアクションを確認できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加