クロノス・グループ、「OpenSL ES」と「OpenMax AL」をアップデート

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月19日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Khronos Groupは米国時間1月18日、ハードウェアの能力を活用するためのAPI「OpenSL ES」と「OpenMax AL」のアップデートをリリースした。

 「OpenSL ES 1.1」は、Cプログラマーがモバイルデバイスのサウンドハードウェアを利用するためのインターフェース。グラフィックイコライザ処理、リバーブや3次元ドップラー効果、再生と音量の制御、オーディオデータ録音といった技術を抽象化する。Khronos Groupは、電話機、音楽プレーヤー、ゲーム機用のプロファイルをリリースしている。

 「OpenMax AL 1.1」は、ビデオおよびオーディオコーデックに対するインターフェースを提供する。サポートされるシステム上で使用することにより、カメラやテレビチューナー、マイクといった入力機器や、ヘッドホン、電話機の振動装置、デジタルテレビといった出力機器とデータをやり取りするソフトウェアを、標準的な方法で書くことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加