logo

年収1000万円ビジネスパーソンが選ぶ就職人気企業ランキング--ビズリーチ調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年収1000万円以上の求人情報に限定した求職者課金型転職サイト「ビズリーチ」を運営するビズリーチは1月17日、同サイトの会員であるビジネスパーソン1719人を対象に実施した、就職活動中の大学生に薦めたい企業についてのアンケート調査「本当の就職先人気企業ランキング2011」の結果を発表した。調査期間は2010年11月29日〜12月5日。

 就活中の学生に薦めたい就職先として1位になったのは、「2011年の大学生就職先人気企業ランキング 文系男子」(ダイヤモンド・ビッグアンドリード調査)でも1位になった三菱商事で、2年連続での首位獲得となった。

 ソニー、トヨタ自動車をはじめ、グローバル展開する日本メーカーや、英語社内公用語化を表明した楽天とファーストリテイリングが上位にライクインした。このほか、ソフトバンク、サイバーエージェント、キーエンスなど、企業成長が期待される新興企業が前年同様ランクインした。

 「就活中の学生に対して、どのような働き方を勧めるか」という質問では、回答者の半数以上が「複数の会社に勤め、専門家や管理的な地位になっていく」ことを勧めている。

 「大手企業と、中小企業およびベンチャーでは、どちらへの就職を勧めるか」という質問では、前年同様、回答者の約3分の2が大手企業を勧めている。一方、「日系企業と外資系企業では、どちらを勧めるか」という質問に対しては、外資系企業に所属する会員が多いにも関わらず、前年同様、回答者の約3分の2が安定した日系企業を勧めるという結果になった。

「本当の就職先人気企業ランキング2011」1位〜10位(カッコ内は前年度ランキング)

  • 1位(1位):三菱商事
  • 2位(6位):ソニー
  • 3位(16位):楽天
  • 4位(2位):トヨタ自動車
  • 5位(5位):ファーストリテイリング
  • 6位(4位):グーグル
  • 7位(13位):ソフトバンク
  • 8位(11位):三井物産
  • 9位(7位):P&G ジャパン
  • 10位(9位):パナソニック

-PR-企画特集