NECと中国WRI、次世代通信サービス「LTE」のインフラ分野で協業

藤井涼(編集部)2011年01月17日 19時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECと中国の武漢郵電科学研究院(WRI:Wuhan Research Institute of Post and Telecommunications)は1月17日、次世代通信サービス「LTE」に対応した無線アクセスインフラシステムの開発、製造、販売、保守サポートにおいて協業すると発表した。

 協業の対象となるのは無線基地局、保守監視システム、運用支援システム。これらのシステムは、中国で採用されるLTE方式であるTD-LTEとFD-LTEに対応しており、2011年下期をめどに製品化される予定。

 NECとWRIは今後もLTEシステムの開発を続けるという。中国市場向けには両社が2005年に設立した合弁会社である武漢烽火移動(Wuhan Fiberhome Mobile Communication)が、中国市場以外にはNECがそれぞれシステムを販売するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加