logo

Facebookはどのように始まったのか--米国の大学カルチャーと創業者たち - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画「ソーシャル・ネットワーク」について

 さて、最後に映画「ソーシャル・ネットワーク」の話に戻るが、この作品は制作過程で、Zuckerberg氏に取材を申し込んだが拒否されたという。そのため事実以外のエピソードも盛り込まれていると聞く。構成上の脚色や大袈裟に描写されている部分もあるだろう。

 だが、「社交クラブ」や「寮生活」といった米国の名門大学のカルチャーを背景にFacebookが立ち上がり、その後、ビジネス化していく中での資金繰りなどのトラブル、人間関係、桁外れの訴訟問題といった事実を元に描かれたストーリーは、かなり興味深いものとなっている。

 ネットサービスならではのスピード感を持った同作品は、インターネットビジネスに関わる人、プログラマーやエンジニア、起業家、現役の大学生、ソーシャルメディアのヘビーユーザなど、見る側の立場によって異なる印象を持ちながらも、それぞれが楽しめる作品だと思う。

参考文献

●デビッド・カークパトリック(著)、,小林弘人(解説)、滑川海彦(翻訳)、高橋信夫(翻訳)「フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)(日経BP社)」
●TIME Magazine-「The Future of Facebook」Jul.17.2007
●The Harvard Crimson--「Hundreds Register for New Facebook Website」Feb.09.2004

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]